« September 2005 | Main | November 2005 »

10/27/2005

おもしろかった夜・Funny Night

今日は友人の勤める某有名テーマパーク企業のDVC10006社員のためのお祭りにて、Godspel賛美させていただきました。こちらではこの友人のお陰で何度か賛美の機会をいただいていますが、毎回自分達が楽しんじゃって、感謝!今日はトン汁や焼きうどんもごちそうになり、右のようなお土産までいただいちゃいました。友人達と打ち上げをして、その後地下鉄で帰路に付いた私。事件はその後起こった! 20分ぐらい乗るため、座ってウトウトしていたら途中から乗って来た人が目の前で大きな声で話している。耳を澄ますと目の前の酔ったサラリーマンが、一人置いて私の斜め前に立っている外人女性になにやら英語で話しかけていた。しかも間に挟まれた女の人も関係ないのに巻き込まれているらしい。おじさんは勝手に自己紹介をして、ブロークンイングリッシュで彼女に質問をしていたが、彼女は流暢な日本語で答えていた。黒縁眼鏡で、つぶらな瞳のイギリス人の彼女とどうしても英語で話したい酔ったおじさんのやり取りがおかしくて、私もつられて少し笑っていたら、「彼女の視線に何かを感じたんだよー。アイビームがね!どう言うか知ってる?」と急に振られ、私が彼女に説明するはめに。彼女は昔日本語を勉強したそうで、とても上手。一緒にいたイギリス人の男友達を訪ねて遊びに来ているという。で日本に住んでる彼は日本語がわからない。おじさんは構わず、イギリスには行ったことないが、ウイスキーが好きだ!ビートルズが大好きでCDを全部持ってる!何でも歌える!と言い出し、私達にその電車の中で、ビートルズの歌を一緒に歌うことを強要し、一緒に歌う羽目に。そこで私の降りる駅に到着したので、「あ、ここ私の駅なので、さよなら〜」と手を振った。イギリス人女性は「そんな!どうしよう〜」と言ったが、私は笑って「楽しんでね!」と言って降りて来た。酔っ払いおじさんは関西空港で事故調査をしているとかで、結構堅い仕事の人らしいが、その好奇心とおそらく、酔った勢いの行動のおかげで面白い経験をさせてもらいました。たぶんイギリス人の彼女も日本人も結構おもしろいね・・と思って帰るんじゃないかなあ。とにかく、二重の楽しみを味わった夜でした。

Tonight, I sang Gospel with friends at the carnival of our friends’ company which is very famous theme park. We have been really enjoyed, and given souvenir. After that, we went to drink. Then, I took a subway. It happened!  It would take about 20min to my station, I was taking a nap. Then, I hard a voice a drunken business man tried to talk with someone by English. He was standing in front of me and other parson was standing next to a woman who was standing next him. The other parson was English woman. A woman was not related with him but involved with them. He said he has felt something from English woman’s way of looking him! He couldn’t explain that and asked me “Do you know how to say?” Finally, I explained it her. The drunken business man looked very happy. The English woman was tourist and staying her friend’s house. She was along with the friend who was English man and couldn’t speak Japanese. But, the drunken business man didn’t care, and he explained that he liked whisky very much and loved Beatles. In addition, he forced us to sing Beatles’s songs with him in the train.  When we just started to sing, the train arrived at the station that I used. I said “It’s my station. Thanks!” I shook my hand. She said “No, what should I do?” But I said “Have a nice time!” and touch her shoulder. I had a very funny time tonight. Open mind and being curious are very important. These might make some wonderful happening like tonight.

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/11/2005

Tea Time at Ginza /銀座・風月堂でお茶!

今日、友人と3人で銀座でお茶をした。私にとって銀座は映画とウィンドショッピングのホームベースだが、寂しいことに、ほぼいつも一人。ひさしぶりに友人と銀座でお茶という状況がなんだかうれしかった。あはは。あいにくの雨だったが、「どこ行く?」と歩いていると、ふっと目に入った「風月堂 喫茶室」の文字。おお!王道ではないか?私のイメージでは、風月堂の喫茶店とは、サラリーマンの憩い、業界の談合屋(おっと)情報交換の場ルノアールにも匹敵するのでは?だったが、入ってみたらばもっと素敵だった。DVC10036風月堂ってカステラかゴーフルよね〜ってのがOLの認識だと思うが、喫茶店メニューは王道、コーヒーその他のソフトドリンク、スカッシュ・フロート・サンドイッチ・サンデー、アラモード系もあり。感激。純喫茶だ!そしてさらに、玉露と和菓子のセットが 一同を興奮させた。私は最後まで、サンデーにするか迷ったけれど、今回は玉露と和菓子のセットにした。玉露だからお代わりはできないよね・・と思っていたらなんとお代わり自由!しかも運ばれてきた湯呑みはほうじ茶をいただくような気軽な大きさ。なんだかうれしくなってしまいました。昔、母親がご近所の方々と集まって、お茶と駄菓子・漬物で噂話を楽しんでいたのを思い出した。「お茶のみ」と称された会であった。なつかい〜。もちろん、銀座はもっと上品だが!お茶をお代わりして2時間近くたっぷり楽しんで一人410円。めちゃくちゃお得ではない?!おそらく昔からあったのでしょうが、初めての体験で、ちょっといいもの見つけた!という気分です、うふふ。

Today, I had a tea time with my two friends at Ginza. I always watch movie at Ginza.  But I have not had opportunity going café with friend at Ginza so much. We found out the sign ‘FUUGETSU-DO Café’. It might be Japanese traditional Café. FUUGETSU-DO is traditional Japanese sweet shops. I’ve never been to the cafe and we tried. That was fantastic! Really Japanese traditional café!  We chose Japanese sweet and Japanese tea ‘Gyokuro’ sets each other. Free refill on Japanese tea! Sooo reasonable! We spend about two hours in the café, and paid 410yen for each person. Tea and sweet were beautiful; we had a really nice time. It’s a nice discover for me!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

10/09/2005

シン・シティを見た!/SIN CITY

日曜日の今日、教会の礼拝の後その足で、「シン・シティ」へ。不道徳この上ない感じだけど、神様許して〜!だsincity_hartigan_b_m って、ロドリゲスのファンの私としては絶対見逃せない作品ですもの〜。しかもタランティーノまで特別監督ってそれだけでお楽しみてんこ盛りの証拠でしょ?作品は主に3つのエピソードで構成されていて、人間関係は少しずつ繋がっている。印象としては、映画をオリジナルのコミックのイメージに合わせるように相当努力した感じがする。だが、CGでまるで人間の演技のような映像を撮るよりも、役者が劇画風のフィルムに出る方が迫力があっておもしろいと、私は思う。野獣キャラのミッキー・ロークは新しい。ブルース・ウィルスの刑事はおなじみのキャラだが、もうすぐ60歳という設定およびそれから8年後って完全に爺さん??ベニチオ・デルトロのCGメイク、そしてあのオバケ扱いはある種おいしくエグイキャラ。イライジャ・ウッドとジョシュ・ハートネットは少ない出番ながらも存在感あり。しかしなんといっても私のお気に入りは、デボン青木の殺人兵器ぶり。さすが原作者でもあるフランク・ミラー監督が演出に一番力を入れたシーンの一つ らしく、彼女の活躍のカットはcool!キャストも隅々まで個性的でおもしろくて、観客は動く劇画を単純に楽しめばいいのではないだろうか?あ、ちなみに、「グロテスクなものはだめ〜」って方はご注意を。ロドリゲス+タランティーノってグロテスクが前提なので。ただ、今回はブラック&ホワイトっていうスクリーンが、グロテスクさをアニメっぽく和らげていたと思うけど。もともと、ロドリゲス映画は凶暴なファンダジーなのだから。

Since today is Sunday I have been to my church as usual, then I went to watch 'SIN CITY' directly. Please forgive me Lord! I’m a big fun of Robert Rodriguez. I don’t know the original comic, but I guess this movie might not betray the comic fun as the author has directed it himself. The pictures were completely comic taste but so cool. Because all cast were very good and looked like they were really enjoying playing role. This Mickey Rourke was very new for me, Bruce Willis was same as usual but his role was almost 60yearsold! It’s a little bit unnatural. My most favorite was Devon Aoki as lethal weapon. She was really cool. I really enjoyed this movie. If you don’t like violence I don’t recommend it. First of all, Rodriguez and Tarantino’s movies were always violent fantasy. Audience can only enjoy a fake original fantastic world.

| | Comments (0) | TrackBack (2)

知らなかったアフリカ〜Africa which I didn't know

友人の弟さんの親友がすごいジャンベ奏者で、今アフリカで修行と現地の人を応援するプロジェクトに取り組んでるらしい・・・という話を聞いた。へ〜そんなすごい人が身近にいるんだね・・などと感心していたら、その方が日本に帰国されてイベントがあるという。これは是非行ってみたい!と、新大久保に行ってきました。

まさかこんなに号泣!!するとは!実は、コンサートの前に、ケニアで子供たちの学校運営と音楽による生活向上プロジェクトを運営されている早川千晶さんの、スライドとお話がありました。ケニアの首都ナイロビ郊外には何十万という人達がひしめき合って暮らしているスラム街があり、政府からの支援はなく、粗末な小屋で定職もなくその日その日を必死で生きている人達が沢山いること、住むところもない孤児が沢山いる現状を知りました。でも、一番の驚きはそんな暮らしでもとても笑顔が明るくて、生きていることに感謝!生きていればなんとかなるさ!というたくましさでした。両親が部族闘争のために目の前で殺されたり、エイズで死んでしまったりという悲しい過去を背負った孤児達の、瞳のきれいなこと!そしてそんな子供たちが神様を讃え生きている喜びを歌った歌の、なんてきれいで楽しそうなこと!!日常生活に疲れて、ため息ついちゃってる私なんか、本当に恵まれているし、もっと他の人の役にたてるんじゃないの!?と考えてしまいました。アフリカは確かに遠い。でも同じ地球上で必ず繋がっている・・と私は思うのです。 第二部のコンサートもとっても楽しくて、理屈抜きの本能でリズムを楽しむってこういう事なんだな〜と実感しました。 このイベント、この後も全国で続くようですので、ちょっとでも興味ある方、是非是非是非、行ってみてほしいな!! 私はいつか必ずケニアに行きたい!

http://orio.jp/jiwe/cat17.html#000114  JIWEHP

DVC10010

I heard from my friends about a musician who plays percussion. He, who is my friend’s brother’s best friend, has been living in Africa.  In addition, he is supporting the project to help orphans at Kenya by music. What a great guy!  Now he is touring in Japan, then I went to the event.  I’ve never expected I would cry so much. I did. We watched the pictures of a slum in Nairobi and heard the story from Ms. Chiaki Kobayashi who has been working for orphans and people who lives in the slum. The picture and stories were so touching. Especially, people’s faces were so bright and pure. They had very sad and tough experiences and now also very tough situation for them. But, they thank God and live strongly. The Gospels which has been sung by orphans was so beautiful. I looked back about my daily life and shamed. How wealthy I am! I shouldn’t complain my situation. Then I feel I wish I serve to other people. I think, even though Africa is far from Tokyo, connecting each other. Someday, I want to visit to Kenya.

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« September 2005 | Main | November 2005 »