« おもしろかった夜・Funny Night | Main | 11月1日フランクフルトからミュンヘンへ »

11/02/2005

The trip to Germany 10.31

〜1日目〜

kinai2 1年振りのドイツ。今回はミュンヘンとベルリンへ行く。大好きなミュージシャンのコンサートを見るのだ。早い話追っかけです。111日〜6日という日程にしたかったが、1日成田発というチケットは入手困難、帰りの成田着6日はまず無理!という状況だったが、(正規料金なら取れたでしょうが買えるわけない!)31日発6日着を必死で探したところようやくモスクワ経由のチケットを入手。無事旅程が決定した。アエロフロートを怖がる人は多いが、今は以前よりかなり良くなっているそうだ。私は初めてのドイツ旅行で経験済みだから特に怖くはない。モスクワ経由でヨーロッパに行く便は結構あるから、トランジットの時間さえ我慢できれば安い旅になる。アエロフロート2年前に乗った時とテーマカラーが変わっていた。以前は青と白を基調としていたデザインが青とオレンジにシートもブランケットも二色。ナプキンなどはオレンジに。ロゴもロシア語から英語に変わってよりグローバル感を演出か。機内食を食べて満足した頃、急になんだか苦しくなってきた。前夜1時間半しか寝ていないから気圧の変化に体が悲鳴をあげているのか・・頭痛がひどくなり嫌な予感。幸いシートは三人掛けに一人だったので鎮痛剤を飲み、そのままシートに横になる。やばい、かなり危険。2時間後トイレへ行ったら2日ぶりのお通じ。きっとこれで良くなる・・と思ったが、気を失って倒れそう。ものすごく熱い。とりあえず風邪薬を飲んで寝る。2時間後まだ頭痛がする・・それ以上に吐き気がする。胃薬を飲む。どうしよう・・・と思いつつまた眠りにつく。1時間後、乗務員に足を軽く叩かれ、おしぼりを渡される。ちょっと元気になっていた。モスクワに着くまでの10時間にひどく苦しんだが元気になれて良かった〜。モスクワ空港で、具合が悪いから寝る場所はないか?と聞けるかどうかをぼんやりと考えてしまった。しかし首が痛い。無理やりの体勢で寝たから・・でも寝られて良かった。

 モスクワ空港のトランジット手続きには、100人は並んでいると思うが二つの窓口のみ、しかもツアーの人はリストか何かが無いらしく、横で待ってろと言われていた。効率・とかサービスという概念は、やはりまだないらしい。私は3時間半の時間をつぶす。soup カフェテリアでスープを注文。残念ながらボルシチは売り切れで、単なるコンソメスープとハムが詰まったアゲパンみたいなもののセットを、機内食で持ち帰ってきたクロワッサンサンドと一緒に食べた。んー、味は機内食の方がおいしいかも。

トランジット手続き時発券されたチケットにゲートNO.が無かったため(マジで!)1〜21ゲートまでを2往復してしまったが、フランクフルト行きゲートを発見。手荷物検査で靴を脱ぎ、青いシャワーキャップみたいなものを足に履いて検査を通過。ロシア国内で悲劇的なテロがあったことを思い出す。moscow ようやく乗った小型飛行機には乗客が8人!寒くてブランケットを頼んだらビジネスクラスから持ってきてくれた。シートも革張りで快適。眼下にきらめく街の灯りを見ながら悪くないな〜などと思ったりして。早い、便利、を追求している感じの日本人が常に正しいとは限らない。アエロやモスクワの空港の人は無愛想そうに見えるが、決して意地悪ではないし、対応はいたって普通。文化の違い=感覚の違いを意識するかしないかで、居心地感は変わるなぁ・・と思ったりして。

|

« おもしろかった夜・Funny Night | Main | 11月1日フランクフルトからミュンヘンへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100420/6854924

Listed below are links to weblogs that reference The trip to Germany 10.31:

» まぁいきましょうか・・・ [日記]
足跡残しておきますね。 [Read More]

Tracked on 11/02/2005 at 04:06 PM

« おもしろかった夜・Funny Night | Main | 11月1日フランクフルトからミュンヘンへ »