« December 2005 | Main | February 2006 »

01/28/2006

ロード・オブ・ウォー/ Lord of War

800_600_02 日本人で良かったと思った。暴力団抗争はたまにあるかもしれないけど、銃撃戦が近所で日常茶飯時ということはない。銃の需要について考えることもない「環境が人を形成する」ということをあらためて感じた。この映画の脚本はイラク戦争勃発1週間前に提出され、その内容ゆえにアメリカからの資本はゼロだそうだが、その困難を乗り越えて撮影されるに値する作品になっている。

一応はフィクションだが、実在の5人の武器商人について取材し、実際のエピソードを盛り込んだストーリーだそうで、そういう意味では十分ノンフィクションだ。アフリカのど真ん中で、止めてある飛行機が一晩でほぼ消える・・って本当にあってもおかしくないだろうなぁと思う。旧ソビエトの軍人が武器を横流しして儲けているって話しも聞いたことがある。主人公のユーリは「武器ビジネスは需要が高く儲かる商売・・何より自分には才能がある」という理由で武器商人として階段を駆け上がっていく。まさしくhigh risk high return, そのスリルもたまらないというように。しかし、愛する家族を失い、弟を失い、気づいた時には自分の意思とは関係なく、武器商売からは抜けられない。地球上の武器供給システムの一部になっているという怖い話。脚本がすばらしいと思う理由に、尋常ではないビジネスをさばくユーリが、非常に冷静で至って普通の人物として描かれている点がある。ユーリはあくまでビジネスマン。顧客の事情には介入しない。そのキャラクター設定が、ストーリーを明快にしている。まるで世界の戦争がどのようにして行われているのかの仕組みを、垣間見たような感じ。今の世の中政治家ではない、ビジネスマンが世界を動かしているのだ。金儲けをしたい。その欲望からすべてが起こっている。そんな世界に平和が来るのか?優先すべきは何かをみんなで考えるべき・・と痛感する映画だった。

I think I am very lucky to be born in

Japan

. I don’t have any opportunity to think about supply and demand of Gun. This movie reminded me “ Situation makes personality”.

Because of the story, any American couldn’t finance the movie. However, the movie was great and very significant. The story is said fiction, but film maker have researched real five traders, then they created the story.  Yuly, who is an arm trader, is very cool and smart business man. He treats any arms in all over the world as business man. Even though he loose family, he can’t withdraw from the situation, the reason why he is also a part of the huge system. Because of the desire to make money, the world is controlled by business people. Not politics. What should be the first priority for people in this world? The movie makes us consider it.

| | Comments (4) | TrackBack (1)

01/05/2006

SAYURIを見た/"Memoirs of a Geisha"

sayuri_wallpaper_1024 新年1日のはしご二本目は漸く「SAYURI」。正直言ってストーリーは大したことない・・というか、完全に最初から予測できる内容であって、特に新しい内容ではない。見る価値あり?!と思わせるのはやはりキャスティングの豪華さだ。コン・リーミッシェル・ヨーは香港映画からハリウッドへ渡った大スター。この二人はやはりさすがだった。意地で生き抜いてきた、美しくて強い女を見事に演じていた。コン・リーってどうしていつまでも変わらず綺麗なんだろう。貧しく苦労をしているお母さん役とか、汚れている役も結構演じているのに、今だにこの美しさを誇れるって本当にすごい。そしてチャン・ツィイーの無垢な美しさは、文句のつけようがない。日本人の女優でこういう人、ちょっといない。工藤夕貴は彼女らしい役、そして桃井かおりは、桃井姉さんだった!拍手!スクリーンは光と影のコントラスト、とことんこだわった町屋の雰囲気、京都の町のセットは美しく、映像はとっても綺麗。だからこそ・・やっぱり日本が舞台の話という感じがしなかったような。あまりに美しすぎたから・・というのはおかしいかもしれないが。その中で、役所広司だけは日本人というリアリティを感じた。すっかりハリウッドが描く日本人になちゃってる渡辺謙にくらべて、役所広司は日本人役者だったと思う。スクリーンに出てくると安心できるというか。虚構の世界の中で、彼だけが本物みたいな。正直、渡辺謙は良さが生きていなかったと思う。ただやさしい、いい人だけの渡辺謙なんて、今一じゃない? まあ、原作がアメリカ人だし、アメリカ人の理想の芸者ストーリーと言うべきか。外国人が描く日本から抜けきれてはいなかったが、それでもいい線は行ってた・・と思う。 

Finally, I watched “Memories of a Geisha” as the second movie of this year. Actually, I think the story was not special such as be expected easily. But, the casting was so gorgeous that worthy to be watched. Michelle Yeoh and Gong Li were as might be expected of great actress! They acted strong beautiful women who had been surviving by themselves. How could Gong Li keep being beautiful seriously? She is really wonderful actress. Zhang Ziyi was a perfectly innocent beauty woman! Any Japanese actress was not same as her. Kaori Momoi was greatShe was really original like her. 

The film was so beautiful as well as a contrast of light and shadow, detailed atmosphere and beautiful Kyoto town.  That’s what made me thought the story was not Japanese story. It might be strange reason but it was too beautiful to be real Japanese. Other wise, Koji yakusho acted as real Japanese man like himself. Ken Watanabe was not good in this movie. He was a Holly wood Japanese who was different from real Japanese man, I think. Just nice and kind Ken Watanabe was boring. Oh well, the original story was written by American, so, it might be said the American ideal Geisha story. Even so, it was not so bad…, I think.

| | Comments (3) | TrackBack (3)

01/03/2006

ディック&ジェーン復讐は最高!は最高だった!?

新年一本目の作品は、1000717_01 ひさしぶりのジム・キャリーらしい、ドタバタ系コメディ。一時オスカーに本当に固執してたみたいで、彼はトム・ハ ンクスみたいに演技派俳優と呼ばれたいのだろうか?最近は感動系の作品が多い。私はトム・ハンクスもジム・キャリーもコメディー俳優として世に出て来た時からのファンだが二人は確実に違う種類のコメディ俳優だった。トム・ハンクスは最初からハートフルコメディ。ジム・キャリーは不気味〜おかしーよこの人って自分自身を笑ってもらうタイプ。だから、シリアス作品でも、どうしても自分自身の濃い色が出てしまうし、それを殺したら彼でなくなるわけで、それで一時相当悩んでいたみたいだが、最近は肩の力が抜けてる感じ。そして今回のような作品は得意とするところ。ティア・レオーニとの夫婦ってどんな感じ?と思ったが、すごくいいコンビだった。ティアの抜け具合がいい!ジムのハイテンションを上手くティアが受けていて、すごく自然な夫婦だった。実はこの映画はリメイクだと聞いて驚いたが、現代のアメリカ経済を揺るがした大事件を風刺として効かせていて、すごく面白かった。本当に倒産したアメリカの大企業の社員ってあんな感じなんだろうなと思うが、実際笑えない人もいるのではないだろうか。おかしかったのは、強盗の時の仮装!ソニー&シェーンボイスチェンジャーを使った覆面強盗は笑い転げてしまった。少々ショックだったのは、アレック・ボールドウィンが初老のオヤジになってしまっていたこと。久しぶりに「アビエイター」で見た時のかなり太っちゃった衝撃も大きかったが、今回の雰囲気では恋愛の現役は引退してしまった感じだ。大好きだったのになぁ・・これじゃあ今回みたいなお金持ちの腹黒おやじみたいな役ばっかりになってしまうよー。エンドロールにニュースになった企業の元社員の協力があったように名前が出てきたが本当?・・・でもそうであっても不思議ではないよね・・なにしろハリウッドだから。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

01/02/2006

一人ぼっちのお正月2006/ Lonely New Year's Day 2006

年末はいつも実家に帰るのだが、今回事情により帰省を急遽取りやめた。06

初めてお正月を一人ぼっちで過ごすことになった。

1月1日の東京駅はごった返していたが、地下鉄はさすがにガラガラ。

1月1日は映画1000円!を思い出し、有楽町界隈へ。銀座近辺はほとんどお店も閉まっていてさすがにひっそり。だが歩いてる人は結構いた。お正月の顔をして、ひっそりとしている銀座。これが東京のお正月なんだね。なんだかちょっぴり得した気分。

Every New Year’s holyday, I go to back to my home. But this year, since I had a sort of reason, I couldn’t go. It’s been my first New Year’s Day that I spent alone.

I remembered movie ticket were 1000yen on January 1st.   So, I went to Yurakucho to get flick.  Although almost all shops were closed around Ginza, I could see people walked around.  Ginza had a special face for New Year. I felt I was lucky could see and feel that.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/01/2006

最高の大晦日・佐藤竹善LIVEに乱入!

以前にもちょっと書いた、友人達のGospel band「アフロ橘」が雑誌ぴあの「おいしい企画」というもので、bspass12月31日の中野サンプラザでの佐藤竹善コンサートに参加させていただくことになったとのこと、是非一緒に参加して!という有難いお誘いをいただいた。そりゃあ〜〜もお〜〜!30日に急遽参加メンバー23名でリハを行い、リーダーDAIちゃんのアレンジにより、Sing Like Talking の「Spirit of Love」を練習。今回このGospelバージョンのコーラスを竹善さんと歌うことになりました。当日2時半に中野サンプラザ入り、15:00から早速リハ。何しろ、私は緊張〜。だって今回大ファンのSalt大儀見元さんもバンドメンバーだし、同じステージに立つだけでもお、大感動です。それにしても驚いたのは、1時から竹善さんとバンドはみっちりと通しリハを行っていた。流したり、部分的チェックではなく、全部しっかり演奏している。バンドの体力と竹善さんのノドの強さに感心。リハで、初めてサンプラザのステージに立って、本当にステージが大きいことを実感。会場は思いのほか観客席との距離が近い。その分奥行きも広い。ソプラノの私のすぐ横で竹善さんが歌い、もろこしマラカスを鳴らしながらSALTが近づいて来た・・・ひゃぁ〜、汗が!竹善さんの生声が聞こえる・・やっぱり綺麗だ。横で時々盗み見をして気づいたのはやはり歌っている時の姿勢が良い。上半身は殆ど動かない。本当に腹から声を出しているのだと思う。ピッチが本当にずれない。歌が上手い人は本当に音がぶれない。私もこんな風に歌えるようになりたい。私達の出番はアンコール一発目となった。主催者側のご厚意により、それまで会場の2階席一番後ろで、拝見出来ることになった。今回参加させてもらったアフロメンバーの中には、竹善を聞いたことがなかった人が多く、皆も興味深深。アットホームで、そして何と言っても竹善の歌の上手さに皆感動していた。本番、あっという間。アンコールということもあり、ステージに上がると観客の顔もみな笑顔で温かく見守ってくれていて、その表情を見ただけでもこちらも感極まってしまいそうになる。もう一組の選ばれたご夫婦がピアノとジャンベで伴奏をしてくださり、竹善が歌う、私達がコーラスに加わる。本当に光と笑顔に包まれて最高の時間を過ごすことが出来た。コンサート終了後、控え室に竹善さんが来てくださり、一人ひとりと握手、全員で集合写真を撮っていただいた。この一年も多くのコンサートの機会をいただいたが、最後の締めにこんな喜びに満ちた経験をさせていただいて、素晴らしい一年になりました。感謝〜〜Hallelujah!

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« December 2005 | Main | February 2006 »