« 一人ぼっちのお正月2006/ Lonely New Year's Day 2006 | Main | SAYURIを見た/"Memoirs of a Geisha" »

01/03/2006

ディック&ジェーン復讐は最高!は最高だった!?

新年一本目の作品は、1000717_01 ひさしぶりのジム・キャリーらしい、ドタバタ系コメディ。一時オスカーに本当に固執してたみたいで、彼はトム・ハ ンクスみたいに演技派俳優と呼ばれたいのだろうか?最近は感動系の作品が多い。私はトム・ハンクスもジム・キャリーもコメディー俳優として世に出て来た時からのファンだが二人は確実に違う種類のコメディ俳優だった。トム・ハンクスは最初からハートフルコメディ。ジム・キャリーは不気味〜おかしーよこの人って自分自身を笑ってもらうタイプ。だから、シリアス作品でも、どうしても自分自身の濃い色が出てしまうし、それを殺したら彼でなくなるわけで、それで一時相当悩んでいたみたいだが、最近は肩の力が抜けてる感じ。そして今回のような作品は得意とするところ。ティア・レオーニとの夫婦ってどんな感じ?と思ったが、すごくいいコンビだった。ティアの抜け具合がいい!ジムのハイテンションを上手くティアが受けていて、すごく自然な夫婦だった。実はこの映画はリメイクだと聞いて驚いたが、現代のアメリカ経済を揺るがした大事件を風刺として効かせていて、すごく面白かった。本当に倒産したアメリカの大企業の社員ってあんな感じなんだろうなと思うが、実際笑えない人もいるのではないだろうか。おかしかったのは、強盗の時の仮装!ソニー&シェーンボイスチェンジャーを使った覆面強盗は笑い転げてしまった。少々ショックだったのは、アレック・ボールドウィンが初老のオヤジになってしまっていたこと。久しぶりに「アビエイター」で見た時のかなり太っちゃった衝撃も大きかったが、今回の雰囲気では恋愛の現役は引退してしまった感じだ。大好きだったのになぁ・・これじゃあ今回みたいなお金持ちの腹黒おやじみたいな役ばっかりになってしまうよー。エンドロールにニュースになった企業の元社員の協力があったように名前が出てきたが本当?・・・でもそうであっても不思議ではないよね・・なにしろハリウッドだから。

|

« 一人ぼっちのお正月2006/ Lonely New Year's Day 2006 | Main | SAYURIを見た/"Memoirs of a Geisha" »

Comments

コメント・TBありがとうございました!
参考になりました。
予告編をみましたが、ハリウッドらしいコメディーのように思いましたが、リメイクだったんですね。
ジムキャリーの得意そうな感じがしました。

Posted by: ロイ | 01/05/2006 at 02:49 PM

ロイさん、TBありがとうございます。
そうですねー、いかにもハリウッド王道のコメデイで、何も考えなくても大笑いできます。もちろん、エンロン事件とかその他の大企業倒産ニュースを覚えていれば、さらにブラックな笑いは増加しますね。

Posted by: Sis.C | 01/06/2006 at 01:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100420/8005351

Listed below are links to weblogs that reference ディック&ジェーン復讐は最高!は最高だった!?:

» 映画館「ディック&ジェーン 復讐は最高!」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
復讐!って感じはしなかったですねぇ。 原題「Fun with Dick and Jane」ですからねぇ。 とにかく、軽~~く観ることができた作品でした。1977年の「おかしな泥棒ディック&ジェーン」のリメイクらしいのですが、オリジナルは見たことも聞いたこともありませんでした。...... [Read More]

Tracked on 01/05/2006 at 04:43 AM

» ディック&ジェーン 復讐は最高! [lip]
1977年の同名コメディのリメイクだったりする。 内容的にはアメリカ式どたばたコメディってやつで、「クスクス」よりももう少し「ゲラゲラ」に近いと。ただしこれ、コメディ映画にありがちなんだけれど、英語のジョークが含まれているということと、あちらさんの環境ならこれが面白いというかなんというか笑いのツボが日本とアメリカで違うので、一概に爆笑もの…ではない。だからと言って全くもってつまらないって訳でもないのがジム・キャリーの面白いところ。... [Read More]

Tracked on 01/05/2006 at 10:10 AM

» ディック&ジェーン 復讐は最高! [週末に!この映画!]
期待値:54%  ひさびさ?ジムキャリーのコメディー。 マスクなみのはじけっぷり [Read More]

Tracked on 01/05/2006 at 02:42 PM

» ディック&ジェーン 復讐は最高! [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ITメディア開発企業で働くディックは、大抜擢され昇進します。妻のジェーンは仕事を辞め、庭にはプールを造り...、アメリカン・ドリームの実現、と思った直後、会社が倒産し、悪いことが重なり、多くのものを失います。就職活動は上手くいかず、家の電気まで止められ...。つ... [Read More]

Tracked on 01/12/2006 at 12:44 PM

« 一人ぼっちのお正月2006/ Lonely New Year's Day 2006 | Main | SAYURIを見た/"Memoirs of a Geisha" »