« January 2006 | Main | March 2006 »

02/18/2006

「ホテルルワンダ」を見た! HOTEL RWANDA

  ホテルルワンダをやっと見た。有楽町シネカノンのレイトショー。都心部では他に渋谷でstory_simg06 も上映されている。もっと多くの映画館で上映してもらいたい。1994年というつい最近の出来事が描かれ、数々の賞にもノミネートされた作品だ。どうしてこれが興行的に難しいと、多くの配給会社が手を出さなかったのだろう?この作品の公開を望む人達により、「ホテルルワンダ日本公開を応援する会」も立ち上げられ、4000人以上の署名が集まったという。http://rwanda.hp.infoseek.co.jp/ (特に代表の方の活動日誌はとても感動的です。)

さて。私は最初、この映画を「アフリカの杉村千畝の話」と何かで言っていたのを聞いたが、実際はちょっと違った。すごいのは、主人公のポール・ルセサバギナという人は、ルワンダにある外国人が経営する高級ホテルの雇われ支配人にすぎないということ。何の権力もない一般人なのだ。しかし、頭が良く、機転がきく彼は不安定な国の情勢や周囲の状況にも常に敏感だったのだろう。多方面の有力者と彼なりに繋がりを築いていた。何かあったら助けてもらえるかもしれない、と。しかし本当に事が起こった時、助けてくれた人はいなかった。「ウイスキー、葉巻、チョコレート、贅沢な環境で自分も西洋人と同じ人間になったつもりでいた。自分のルーツを忘れていた俺は馬鹿だった。」だれも助けてくれない・・と初めて思ったとき、彼が妻に告白した言葉。アフリカ人はニガーにもなれない。ひどい言葉だがそれが現実。この映画は実話を扱っているが、一人の人間の愛情の深さ、強さに焦点が当たっている。家族への愛。ホテルの同僚、仲間達への愛。人間としてその愛ゆえにただ必死だったという事実が、非常に上手く描かれている。だから押し付けがましいメッセージや強すぎる主張をあまり感じることなく、観客は強く心を動かされる。最後に流れるテーマ曲に、「アフリカは合衆国にも連邦国にもなれない。」という歌詞があった。すごい、なるほど。歴史上、他の先進国にかきまわされ続けてきたアフリカには、私達と同じ人々が生活しているし、やっぱり地球は繋がっているのだ。本当に多くの人に見てもらいたい作品。小さな配給会社が公開してくれているのだから、デカイ会社がやったって出来たはずだ。平日、仕事が終わってから夜9時ごろわざわざ映画館に行く観客がいるのだ。会社イメージとか政治的な匂いがしてならない。ありがとう、メディアスーツ。

| | Comments (3) | TrackBack (11)

02/14/2006

世論調査ピンチ!個人情報保護法への過剰反応も一因

リンク: @nifty:NEWS@nifty:世論調査ピンチ!個人情報保護法への過剰反応も一因(読売新聞).

世論調査の回収率がすごく下がっているらしい。 そうだろうなーと思う。「個人情報だ」「プライバシーの侵害だ」とかいう人が多いらしいけど。世論調査って何?ってとこからそういう人は勉強しなさい、と言いたい。

最近多いなーと思うのは、やたら「個人情報」を理由にする人。例えば、有料アダルトサイトを利用するためカード決済を行った人。こういうサイトって、自制心がちゃんとある人じゃないとあっという間に金額が嵩んじゃうのが常だが、予想以上に高額な請求が来て初めて驚く→カード決済会社へ問い合わせ&苦情→「お宅セキュリティ大丈夫なの?個人情報ちゃんと守られてるの?これは不正請求じゃない?」 そんなに個人情報が漏れるのが心配なら、最初からヤバそうなサイトでカード決済なんてしなきゃいいのに。少なくとも自分の意思でカード番号入力してるんだから。個人情報は自分で守るんだよ。

職場で非常時の連絡網を作成する・・って言うのに「個人情報だから」と言って個人の携帯電話番号の登録を拒否する人。 これって根本的に他人とのコミュニケーションや助け合いを拒否するって事でしょ。まず人を信用してないって事ですよね。

国民が自分達の情報を提供しなければ、国は現実に即した政策を建てられない。有効に大切な税金を使ってもらうためには、自分達の情報を提供するのはあたりまえなのに。「 まともな職につけていないから、回答するのが恥ずかしい・・・」という人もいるかもしれない。でも、もしそういう回答の人が多かったら、国は「これは大変だ」と把握できる。年収1億以上の人が増えてるらしいけど、年収300万円以下の人も増えてるって話。でもそれって本当?じゃあ実際その割合は?そんなに年収に差がある人達が、同じ制度の社会の中で不公平さを感じずに共存できると思いますか?今「日本は好景気」と言われていることに違和感を覚えませんか?私の生活はあきらかにバブル期の頃(と言っても社会に出たのは、バブル絶頂から下った頃だけど)とは違うと思う。そういうことだって、国民一人一人の正しい状況を把握できれば、ちゃんと分析してくれる人がいるわけで。情報がなければ、正しい対策は取れない。協力するのは義務じゃないですか? なんでも過剰に疑うのはやめようよ。批判する前に助け合いじゃないかなぁ。殺伐とした世の中になっちゃいませんか?と思う今日この頃。

ちょっと、エラそうかな・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

02/05/2006

スタンドアップ!を見た/ North country

今でこそ、「セクハラ」という言葉は一般的であり、main もちろん無くなってはいないが、誰もが多少なりとも気をつけるようになっている性差別。この映画の裁判を経過して現在に至っているのだと初めて知った。主人公は不運にもまるで踏みつけられるような人生を送って来ている。女だからという理由と運が悪かったから。ただ、彼女は不運の中にあっても自分で人生を選択して歩んできた。だからこそ、その道は一層険しくなっていたのだと思う。未婚の母という選択、子供の父親も秘密。離婚も自ら選択し、子供を育てるために鉱山で働くというのも自らの選択。だからこそ、見ているこちらは心から彼女を応援せずにはいられない感じになるのだろう。世の中は正義が勝つとは限らないし、真実が人を傷つけることもある。勇気を持って行動することはとても難しい。何が正しい選択なのか、人によって価値観は違うもの。その時、どの選択をするべきなのか?主人公は自分の信念を貫き通すため戦ってきた。子供への愛、友情、そして親子関係。全てが彼女の強い心に動かされていく。シャーリーズ・セロンが戦う母親を見事に演じている。脇を固める人達も一流が多く驚いた。フランシス・マクドーマンド、女性の弱さを感じさせずにでもマッチョじゃない女性の強さを演じられる貴重な女優。シシー・スペイセク、数々の耐える女を演じてきた彼女はこの作品でもやはり、耐える主婦、そして最後は主張する妻。ウッディ・ハレルソンはめずらしく毒のない、いい人役。そしてショーン・ビーンは静かで愛情の深いやさしい人というこれまでにない役を演じている。怒りで頭が熱くなり、切なくて何度も涙を拭いてちょっと忙しかったけれど、自分も真っ直ぐ前を向いて歩いていかなくちゃっと、見終わった後、背筋が伸びた素晴らしい作品だった。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

02/01/2006

レイラ・ハサウェイ@Blue Note

BLUE NOTEの2nd Lalah Hathawayを見てきた。06lalah_f

久しぶり〜のレイラ・・2年ぶり?くらい・・ということで友人と二人、とっても楽しみにして乗り込んだ。友人は風邪で昨日も会社を休んだにもかかわらず、気合十分。それなのに・・・どうなのよーレイラ。 歌はもちろん上手いし、日本語も上手くなっているけどーバンドの演奏もグルーブがあってよかったけど・・・でも。 私達はレイラの歌を聞きに行ったわけで、バンドの演奏が半分を占めるあのステージは何? さらに言えばレイラがやりたいステージってああいう感じなのでしょうか?バンドの音がえらく主張していて、レイラの歌と合っていない感じがする。しかも聞いていて疲れる。ブルーノートのステージでビール瓶をラッパ飲みしながらギターを弾くミュージシャンを、私は初めてみた。しかも彼らは若い。勢いで演奏している音に、ノリは合っても感じるものは無かった。失望。はー、レイラはちゃんと自分の音楽活動しているのでしょうか? 気合を入れて臨んだ分、がっかりも大きなステージだった。 頑張ってくれよーレイラ。だれか、良いプロチューサーが必要なら、ちゃんと組んだ方がいいと思う。本当に残念でならない。親の七光りが無くても、ちゃんとやっていける実力を持っているのに!この先心配だよ・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »