« スタンドアップ!を見た/ North country | Main | 「ホテルルワンダ」を見た! HOTEL RWANDA »

02/14/2006

世論調査ピンチ!個人情報保護法への過剰反応も一因

リンク: @nifty:NEWS@nifty:世論調査ピンチ!個人情報保護法への過剰反応も一因(読売新聞).

世論調査の回収率がすごく下がっているらしい。 そうだろうなーと思う。「個人情報だ」「プライバシーの侵害だ」とかいう人が多いらしいけど。世論調査って何?ってとこからそういう人は勉強しなさい、と言いたい。

最近多いなーと思うのは、やたら「個人情報」を理由にする人。例えば、有料アダルトサイトを利用するためカード決済を行った人。こういうサイトって、自制心がちゃんとある人じゃないとあっという間に金額が嵩んじゃうのが常だが、予想以上に高額な請求が来て初めて驚く→カード決済会社へ問い合わせ&苦情→「お宅セキュリティ大丈夫なの?個人情報ちゃんと守られてるの?これは不正請求じゃない?」 そんなに個人情報が漏れるのが心配なら、最初からヤバそうなサイトでカード決済なんてしなきゃいいのに。少なくとも自分の意思でカード番号入力してるんだから。個人情報は自分で守るんだよ。

職場で非常時の連絡網を作成する・・って言うのに「個人情報だから」と言って個人の携帯電話番号の登録を拒否する人。 これって根本的に他人とのコミュニケーションや助け合いを拒否するって事でしょ。まず人を信用してないって事ですよね。

国民が自分達の情報を提供しなければ、国は現実に即した政策を建てられない。有効に大切な税金を使ってもらうためには、自分達の情報を提供するのはあたりまえなのに。「 まともな職につけていないから、回答するのが恥ずかしい・・・」という人もいるかもしれない。でも、もしそういう回答の人が多かったら、国は「これは大変だ」と把握できる。年収1億以上の人が増えてるらしいけど、年収300万円以下の人も増えてるって話。でもそれって本当?じゃあ実際その割合は?そんなに年収に差がある人達が、同じ制度の社会の中で不公平さを感じずに共存できると思いますか?今「日本は好景気」と言われていることに違和感を覚えませんか?私の生活はあきらかにバブル期の頃(と言っても社会に出たのは、バブル絶頂から下った頃だけど)とは違うと思う。そういうことだって、国民一人一人の正しい状況を把握できれば、ちゃんと分析してくれる人がいるわけで。情報がなければ、正しい対策は取れない。協力するのは義務じゃないですか? なんでも過剰に疑うのはやめようよ。批判する前に助け合いじゃないかなぁ。殺伐とした世の中になっちゃいませんか?と思う今日この頃。

ちょっと、エラそうかな・・・

|

« スタンドアップ!を見た/ North country | Main | 「ホテルルワンダ」を見た! HOTEL RWANDA »

Comments

職場で個人の携帯電話の連絡網を作るのは、ちょっとおかしいと思います。
個人の携帯電話に仕事の電話がかかってくるということですよね?
会社都合で連絡したいのであれば、会社が社員に携帯電話を支給すべきだし、その携帯電話が鳴ったときに出る義務があるのなら、携帯電話を持っていることに対して手当てなどを支払う必要がある。と思います。

Posted by: とおりすがり | 04/05/2006 at 12:09 AM

とおりすがりさん、ありがとうございます。
また読んでくださるのかしら?
 私がちょっと書いた会社での連絡網とは非常時のもので、普段使用するものや全員に配布されるものではありません。リスクマネージメントとしての緊急事態の連絡システム用の話です。そういうものを登録しただけで、すぐ仕事の電話がかかってくる・・とか思う人、いますよねー。よほど仕事したくないんでしょうか。個人情報保護法の解釈とは話が違うよう思いますが。

Posted by: Sis.C | 04/05/2006 at 01:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100420/8656390

Listed below are links to weblogs that reference 世論調査ピンチ!個人情報保護法への過剰反応も一因:

« スタンドアップ!を見た/ North country | Main | 「ホテルルワンダ」を見た! HOTEL RWANDA »