« April 2006 | Main | June 2006 »

05/29/2006

戦場のアリア を見た!

324253view007  舞台は第一次世界大戦時、フランス・スコットランド連合軍とドイツ軍はフランス北部の村で軍事境界線「ノーマンズランド」でにらみ合う。そしてクリスマス、家へ帰りたくても帰れない前線の兵士達も、夜ささやかにクリスマスを祝う。スコットランド軍塹壕から流れるバグパイプの音色にあわせ、ドイツ軍兵士であるテノール歌手が歌い始める。遂には互いの塹壕を出て歩みより始め、それを聞いていたフランス兵も顔を出す・・・。前線の兵士達同士でクリスマスの休戦を決め、3カ国の兵士達が交流を暖めたという実話の映画化だそうだ。 「クリスマス・イブだし、今晩は休戦ということでどうか?」それならば・・とフランス軍から差し出すワインでそれぞれの責任者達が穏やかに乾杯。それを見た部下の兵士達が思い思いに交流を深め始める。寒くつらい前線にて家に妻や子供を残して来ているのは、国が違えど皆同じ境遇。離れた距離から撃ち合えば互いに敵でしかないが、一緒に酒を飲み話をすれば、同じような境遇の人間同士になる。スコットランド軍に従事している司祭によるミサ、そして夫と離れたくない一心で前線に慰問に来たソプラノ歌手が、ミサのために賛美するアリア。その場の全ての人の心を平安で満たす、すばらしい夜。

  国の大儀と個人の心はどうして同じにならないのだろう。軍人である彼らは、国の大儀のため命令を守らなくてはならないが、目の前で親交を深めてしまった他国の兵士を『敵』というものには見れなくなる。一緒にカードゲームやサッカーを楽しみ、酒を飲み、お互いの家族の話をする。その後直接銃を構えることなどできない。それが人間なのだ。兄と一緒に戦争に加わったスコットランド兵士は、目の前で兄が死んだため、その悲しみと憎しみ故、他の兵士と同じ感情を抱くことは出来ず、彼には敵は敵であった。人が人を許すことはなんと難しいことか。時代は変わり、戦争の方法が変わってしまった今であっても、やはり前線にいる兵士と司令部にいる上官(または政治家や大統領!)では直接的に感じる痛みは大きく違うだろう。『国』という顔のない姿ではなく、そこに息づく一人ひとりのことを思いながらそれぞれの国のことを考えるべき。そうすればお互いもっと近づけるし、理解する努力ができるのではないか・・・と痛感した。 324253view009_1

 第一次大戦だからまだヒットラーは出現しておらず、ナチスではないドイツ軍もとても人間らしい。もともと芸術を愛する国民なのだから心はやさしく豊かなのだ。自分はユダヤ教徒だが昨夜は素晴らしかったと、さらっと話したドイツ軍中尉。もし彼がその後も無事に生きていたら、恐ろしい迫害に会うということが示唆されていたのだろうか、それとも偶然か。それを思って胸が痛んだ。三国の中尉達が話し合おうと集まるとき、必ずすぐにワインやコーヒーを差し出すのがフランス。なんとなくお国柄が表現されていたようで、ニッコリしてしまった。

  ノーマンズランドから基地へ戻ってきた兵に説教をするスコットランドの司教。あの夜すばらしいミサを行った司祭に「お前は間違った道を進んだ」と言い放ち、この戦争が聖戦であり祝福された自分達が悪を倒すと話した。なんて悲しく恐ろしいシーン。信仰のかけらも愛もそこには無く、傲慢な思い上がりが神の名をかたっている。なんて人間は愚かなんだろう。 しかし一方で、たとえハーモニカを壊されてしまっても、自分達でハーモニーを作り上げることで、音楽を続けることができる!と元気を出すドイツ兵達のように、仲間がいれば強くなれる、そんな部分も人間は持ち合わせている、とこの作品は教えてくれた。

今が旬のダニエル・ブリュールと、「世界で一番不幸で幸せな私」で好きになった、美形印のギョーム・カネがそれぞれドイツとフランスの中尉役。この共演だけでも見れて良かった~。

こんなに素晴らしいお話なのだけど、ただのお話として片付いてしまうのがとても残念。戦争中に敵軍の兵士と心を通わせる、とか、サッカーで交流とかそういう実話は多くあるはず。それなのにその美しい話だけが後に語られ、だからって戦争は無くならない。日本人の選択肢に戦争はまず無い。軍隊がないからだ、という事もあると思うが。そんなものいらない。無くて結構だと思ってしまう。こういうお話を見ると、なおさら強く思う。

| | Comments (4) | TrackBack (4)

RENT を観た!

渋谷は怖い。

UPが遅くなったが「RENT/レント」を観た~を書かねば!!と思って一週間経過してしまった(^^ゞ。 この日曜日4時ごろ、上映館がある東急文化村へ混雑を縫ってたどり着いたら、ル・シネマ2館で上映しているにも拘らずその日はすでに全て満席との表示が。こんなとこまで歩いて来たのに!!怒! 気を落ち着けて他に見れる場所を検索したらば、いつもの丸の内界隈で上映中。どうだろう、やっぱり混んでるのかな・・・と心配しつつ辿り着くと普通に、「座れます」の文字が。劇場に入るとガラガラ。おいおい、やはり私には渋谷は合わないらしい。結局上映開始時には、8割方座席は埋まっていたけど、やっぱりスクリーンも大きいし、慣れた場所が一番だという結論だ。

 

すでに時代を感じる雰囲気・・・ Rent

  私はブロードウェー版も日本版も舞台はどちらも見ていないので新鮮な気持ちで観ることができた。個人的には、この人とこの人は『アリー・MY・LOVE』で見た!どうりで歌が上手いわけよね・・・という低レベルな驚きから始まったが、舞台への敬意を払って、ステージから始まるところがミュージカルらしくて良い。そして、たっぷりと使用されたNYの街並みのショット、地下鉄、7番街路上と、映画ならではの別な意味でのリアリティがあったと思う。(実際はサンフランシスコでの屋外ロケも含まれているようだが。)ストーリーについては、今更云々言う必要は無いと思うが、作品の印象を率直な感想を言えば、ストーリー設定と音楽が、ああ少し前のものなのだなーと感じた。そういう意味ではやはり舞台を忠実に映画化したということなのだと思った。90年代のものがすでに古いと感じるなんて、なんて時や流行の動くスピードは早いのだろう。だが、古いからどうだということではなくて、私にとっては、とてもやさしい温かみを感じるのであの頃の感じはとても好きだ。だから、なんとなく、10年前の映画を初めて見たような気がした。

貴方は1年を何ではかりますか・・・愛はどう?って何て詩的なんでしょう。そう思うと、足りてないよ・・私、とか訳のわからん回答をしたりして。今なのだよ、今!って命を燃やして必死に生きようとする彼ら一人ひとりの姿に胸が熱くなる。状況はひとそれぞれだけど、やっぱり今、この瞬間を大切にしなくては、この先だっていい人生にならないよね、なんてうなずいたりして。最近power不足なので、とっても身につまされた、ははは。ダンスシーンと歌は圧巻。全員がそれぞれ本当に歌が上手い。エンジェルのダンスとレストランでのテーブルダンスのシーンは本当に素晴らしかった。どうして今、これを映画化したかったのかは分からないけど、してくれてありがとうと、クリス・コロンバスに言いたい。こういう作品も撮れるんだねぇ。

Do you meager a year of life, how about love?

[No day but today]

 What a strong message!  I have never seen the stage, so I could watch with fresh feeling. Music and story looks not now’s already, but that means the film follow the original stage.  I like 90’s and I felt like watching a movie which was made ten years ago. The film gave me warm feeling and strong message which encourage people. I felt I have to live now seriously.  All cast were very good at singing, really great, I was impressed so much. In addition, New York City!  The casts danced in the metro and on the street; these made reality in the drama. I don’t know why now the movie has been made, but, anyway, I want to say thanks to the director. I have needed to watch this movie.

| | Comments (2) | TrackBack (2)

05/19/2006

「ナイロビの蜂」を見た/Constant Gardener

最近めっきり映画を見る機会が減っている・・・とほほ~。ちょっと忙しすぎ。久しぶりに日曜日の夜、時間を作って「ナイロビの蜂」を見に行った。レイフ・ファインズ&レイチェル・ワイズ、とは何と目に麗しいカップル。そして監督があの強烈な印象だった「シテイ・オブ・ゴッド」の人?どんな映画になるの?と興味深々で映画館へ。アカデミー助演女優賞を取ったレイチェル・ワイズ、どうしても「ハムナプトラ」のヒロインのイメージが強く、勝気な美女って感じ。「スターリングラード」「ニューオーリンズ・トライアル」「コンスタンティン」結構その延長だったような気がする。やっぱりあの顔は控えめ・弱気とは縁遠く、意志が強い印象。今作ではその彼女のイメージプラス、夫への静かな愛情を持った大人の女性という役が良い具合にぴったりと合っていた。体を見せるシーンも多く、肉感的な迫力はなかなか。でもあれ、24歳という設定はちょっと苦しいかも。

323841view001 見る前の私のこの作品への知識はあまりなし。主要キャストと監督のみ。確か、奥さんが死んでまた出てくるんだっけ?ぐらいな。「イングリッシュ・ペイシェント」みたいなラブストーリーなのかなぁ、ぐらいに思っていたので、ストーリーが進むにつれて意外な展開に引き込まれました。ナイロビ・・・ケニアの首都、そうロケ地は、ナイロビのスラム街、キサンガ地区。このスラム街でボランティアをされている日本人、早川千晶さんの公演に行き、大国の都合のいいように利用され、また一部の利権者だけが好きなように暮らすこの国の現状、それでも逞しく、柔軟な心で生きる人々と純粋な子供たちのお話と歌と、スライドで号泣したことがありました。http://chocobreak.cocolog-nifty.com/chocobreak/cat3156266/index.html(過去のblog:知らなかったアフリカ へ良かったらどうぞ。)

ってな事を思いつつ見たのですが、最初は大人しくて、妻を信じているけどあまり彼女の行動には深く関わらない感じだったイギリスの外交官が、妻の不可解な死から、政府と製薬会社の陰謀をあばきつつ、妻の足取りを追い、お互いの愛情を再確認する・・・とストーリーはなかなか深い。もっとも印象深いシーンは、妻を愛していたが実は深くは理解していなかった夫。妻が生前、街から40kmも先に住む子供を助けたい、せめて車に乗せてあげてほしいと夫に頼んだ時、「ここではそういう助けを必要としている人が沢山いる。あの子だけじゃない」と言うと、「でも今は、取りあえず目の前のあの子を助けられる!」と訴えた。しかし夫は同意しなかった。その後のシーンで、夫は事件の鍵をにぎる人物に会いにケニアの奥地へ向かうが、村が他部族からの襲撃に合い、ボランティアに来ていた人達だけが国連のヘリで保護される。現地の女の子を一緒に連れて行こうとした彼にヘリのパイロットは連れて行けないと言い、以前彼が妻に言ったセリフと同じことを言い、彼は妻のセリフと同じ事を言った。彼が妻を本当に理解した瞬間だった。勿論以前の夫もボランテイアに無関心だったわけではないはず・・・だが、初めて緊迫した状況を体験し、自然とそういう気持ちになったのだと思う。こういうセリフ、遠い国の人たちへの援助に関する話題で良く耳にするやり取りだ。だがそんな先進国の人達とは別に、多くの難民達は無言でヘリコプターから走り去るあの女の子のように、自分達の境遇ってそんなもの・・と思っているのも事実なのかも。リアリティのあるすごいシーンだった。

 この夫婦は愛し合っていたのに、「お互いを守るため」にお互いの心の中の深くまで干渉し合わなかった、挙句悲しい結末となった。迷惑が掛かることになろうとも、時に争うことになろうとも、やはり夫婦はお互いを干渉しあうべきではなかろうか。まあ、まさか殺されるとは妻も思ってはいなかったのかもしれないけど。

 この作品は当初、「アフリカが舞台の作品は興行が難しい」という映画界の定説から、一時製作が危ぶまれたそうだが、幸運にもすばらしい監督・キャストも決まり無事に撮ることが出来たそうな。あのブラジルのスラムを描いた監督と撮影クルーだからこそ、ナイロビ郊外のスラムも臆することなく撮影できたのではないかと思う。本当はもうちょっと詳しく、スラム事情が描かれていたらよかったのになぁ、とも思うけど。ちなみに原題の「Constant Gardener」ってどういう意味があるんだろう。アフリカに行ってまでもガーデニングに熱心な主人公の事だと思うが、寡黙で内向的な人のことなのかなー。ちなみに、妻が実はものすごい名家の出身だった、って設定がいかにもイギリスっぽい・・と思ったのは私だけかな。

| | Comments (7) | TrackBack (8)

05/12/2006

大忙しだったGW

もうとっくに、GWは過ぎ去ってしまったけど・・・今回は沢山おいしいものをいただきました。先に記したように、田舎ぐらしで自然のおいしさを満喫。月・火はお仕事で、水曜日は久しぶりに帰省。お正月に帰れなかったので、家族にも友人にも久しぶりに会った。

060503_1 帰ってすぐに地元の繁華街へ直行。2年ぶりの友人と会う。そんなに会ってなかった?でもそういう感じがしないのが、地元の友人のいいところ。たぶん一生の友人ってこんな感じなんだろうと思う。有難いことです。今年は雪が多いから山菜も少し遅いということで、GWに旬を迎えた山菜やたけのこを堪能!地元の牛のたたきまで!ふふふ。この夜は10年ぶりに、散々昔通ったお店に行ってみた。社会人なりたての頃から友人と二人で通ったお店。マスターまだいるのかなぁ・・・というか、お店あるのかなぁ、と、雰囲気が変わってしまった繁華街を寂しく思いつつ、恐る恐る進むと、あった!扉を開けると玉手箱を開けたように頭だけ白くなったマスターが!!本当にタイムスリップしたような夜でした。

その翌日も、他の友人達と夜会食。この日のメンバーは既婚者ばかりで子供もいっしょ。おなじみのお店なので、子供が沢山いても一応許してもらっている。保育園状態だが、それもまた楽しい。子沢山の友人の母ぶりはもう肝っ玉母さんのようだが、私達まだsinglesの分も少子化対策に貢献してくれてありがとう~。そこでも2年半ぶりに男友達にあう・・・でもまったくそのギャップはお互い感じないから不思議だ~。なんか変わんないねーとお互い笑う。変わったのは彼が結婚して柄にもなく「ラブラブだよー」などと口走った事ぐらいか。地元の友人達に会うとほっとする。

 土曜日は東京へ戻り、同じ教会の人の結婚式。自分の教会員の結婚式は初めてだ。とっても感動的で素晴らしかった。Pasterの力強いメッセージは愛情と喜びに溢れていて、結婚式って大切だなぁ、と実感した。主の御前に誓うということと、公に誓うということはとても大切なことだというのがわかる。洗礼式と同じなのだ。この場合はパートナーが一緒だから喜びも倍だけどね。

060506_joe_wedding 060506joe_wedding

式の後の披露宴、ケーキ入刀も素敵でした。そして、もちろん、お食事もおいしく、私はデザートも山盛りいただいちゃいました、おほほ。

その日はそれだけでは終わらず、夜はBlue Note Tokyoへ。ブランフォード・マルサリス(sax)を見に。初めてだったけど、想像していたよりfree jazz系のステージで、少し面食らった。あれ?そうなんだ・・・。ハリー・コニックJr.とのアルバムを買おうと思っていたが、ためらってしまった。でもピアノはすばらしかったなー。ちなみにブドウでお腹一杯に。ここはフルーツもおいしいものを揃えていて、とっても満足できる。

翌日日曜日は、朝から教会、午後の礼拝に出た後、choir参加のイベントへ急ぐ。GWの締めくくりにふさわしく、アラバマからのすばらしいchoir、TPWのコンサートにだ。今回は私が参加しているchoirも前座のような形で参加。しかし、会場のすごい熱気とholy spiritに酔いしれ、汗と涙ですごい状態になってしまった。060507_tpw

忙しいって、有難いことだ。時間を濃密に過ごすことが出来る。そして今回のGWはおいしい食べ物か素晴らしい友人がいつも共にあって、本当に良い時間をすごし、楽しかった。その締めくくりに、holy spiritまみれになれて本当にHallelujah! とっても恵まれたGWでした。今月の残りも頑張るぞ!って思える感じです。でもちょ~っと太ったかもしれないけど・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05/03/2006

田舎暮らしのススメ

GWが始まりましたが、私はカレンダー通り、しかし気分はGW!友人達と友人のおばあちゃんの家、鴨川の山側にある田舎に遊びに行きました。Dvc10043

毎年GWはお世話になるこちら、目的は自然の風景を満喫し、畑仕事や山歩き、焚き火に囲炉裏を囲んでのおいしいご飯!!家の前の庭から山へと畑が耕され、野菜・花・ハーブと沢山の植物が植えられていて、私達はそのお手伝いを楽しみ、にわか農作業員となります。また裏山へ薪を拾いに行ったり、つるを取ってきて籠を編んだり。全く普段は味わえない生活を楽しめるのです♪

これは友人が庭で摘んだ花で作ってくれたアレンジメント。Dvc10066 

Dvc10053_1今回は友人のアイディアで、焚き火でバムクーヘンを作ろう、にTry!「本当に出来るの??」という不安の中、慎重に二人掛りで竹に生地を塗り、回し焼くを繰り返しました。ワー本物のユーハイムみたい~と歓声が上がったりして、最後はなかなかすばらしいバームクーヘンもどきが焼きあがりました。何故もどき・・Dvc10060 それは生地がホットケーキミックスだったから、味がイマイチだったから!!惜しい!Dvc10049 野菜の苗を植え、花の株分けをし、草取りをして、焚き火では焼き芋と焼きたけのこを楽しむ。庭からハーブを摘んで、生ハーブティを味わう。本当に最高の田舎暮らし。老後だけじゃなく、今すぐこんな生活ができたら、健康で楽しいだろうなぁ~としみじみしてしまう、一同。いずれにしろ、こんな素敵な体験は、素晴らしい親族と環境を持つ友人のおかげ。ありがとう~!皆日ごろのストレスをここで解消。すでに私達一人一人にとっても、必要不可欠な場所になっているのでした。本当、田舎暮らしは最高だよ。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« April 2006 | Main | June 2006 »