« 忙しいバカンス・ドイツの旅一日目 | Main | ドイツ3日目・雨降って・・・ »

08/25/2006

ドイツ2日目・すばらしいコンサート

2日目の朝、ホテルの7階のスパ、サウナとスチームバスに行った。一人の女性が入っていたが、彼女は私に「おはよう」と言ってくれた。まさに裸の挨拶。ドイツのホテルのスパは、世界中にあるメジャーなチェーンホテル以外は殆どユニセックス、男女区別なし。最初知らずにスパをチェックに行ったら、いきなりはだかのオヤジがサウナから出てきて悲鳴を上げそうになったことがある。日本人じゃないからいいか・・と思ってもやはり見られるのはいやなので躊躇するが、だいたい、人がいないことを確認してから利用する。

 のんびりとサウナとラベンダーの香りがするスチームバスに入り、デッキチェアが置いてあるエリアでノンビリと休憩。こんなに心地よくくつろげる時間は普段あまりないので、本当に幸せな気分だった。その後朝食のためレストランへ。そこで、偶然にも・・本当はちょっと期待していたが、今回の旅行の目的である大好きなミュージシャンに会う。久しぶりに会った彼は少し日焼けをしていて、雰囲気がちょっとラテン系になっている。元気そうでうれしい。他のメンバーと共に歓談をしつつノンビリと朝食をとった。食べる前から彼に会ってしまったので、ちょっと緊張してあまり沢山食べられなかった・・あはは。Dvc10008_1

夕方の出発時間まで少しだけ時間があったので、ホテル周辺を散歩。緑が本当に多くて歩いているだけでも気持ちよい。住宅街と、サッカー場やイベントホールなどがあるエリアが隣接していて、あとは大きな道路が通っている場所。んー、ちょっと寂しいというか何もないに等しいエリアかもしれない。Dvc10009_1

 

この日は昔鉱石を加工していた工場でのコンサート。Hattingenというこの町はドイツ一の炭鉱地帯だそうで、昔はいくつも工場があったが皆閉じてしまった。その後その工場を恐らくその地域で利用し、イベントスペースに変えた。ドイツにはこのような施設が沢山ある。またその再利用方法がとてもユニーク。工場内部はリモデルしてあるのだが、外枠や、シンボルになる大きなプラントなどはそのまま残してある。その雰囲気がとても良い。Dvc10026

 今回のLIVEはこの工場のある地域が一ヶ月催していたピアノフェスティバルの最終日。私が大ファンであるミュージシャンはトランペットプレイヤーだが、プロデュースもしており、今回は彼が選んだタイプの違うピアノプレイヤー3人とドラム・ベース・トランペットのバンド編成。ステージには2台のスタインウェイが置かれている。Dvc10029ツインピアノだけでもワクワクなのに、ピアノプレイヤーが3人もいるなんて!一体どんなステージになるのだろう!  実際3人は違うタイプのプレイヤーで、年齢も3人とも違う。一人は28歳のドイツ人Michael Wollny。彼のピアノは自分の中からあふれ出るメロディーを、若いエネルギーで紡いでいくように、力強くそしてとってエモーショナル。すごい。そしてちょっとシャイではにかんだ感じの笑顔を浮かべるルックスに、会場の女性達がまさにフーッとため息を付き、彼にハートをつかまれたのを目撃した! 2番目のプレイヤーはアメリカ人、Benny Green。年齢は43歳だが、細身で小柄な彼はとても若く見える。彼はクラッシックジャズが得意なようで、この日の演奏はエンターティメント性の高いとっても華やかなイメージだった。指が他の人より1本多いのではないかと思われるような演奏。「奥様は魔女」のテーマソングの演奏がとっても楽しくて、楽しめた。日本だったらきっともっと盛り上がったんじゃないかなぁ。 そして3人目のプレイヤーはベテラン、様々な経歴を持つ素晴らしいプレイヤー、Don Grusin。日本人プレイヤーとの共演も多く、彼はJAZZというカテゴリーに納まらず、ワールドミュージックを演奏してきた人。その彼のプレイは穏やかで、彼がとても温厚な人なのだろうな・・と想像させるような音。他のプレイヤーとのセッションを気持ちよく楽しんでいる印象を受けた。Dvc100343人ずつ3セットのステージの後、ツインピアノで、2人ずつのセッションを3パターン、その後バンドメンバーと3人のピアニストでの共演。ピアノ2台でどうやるのか?と思えば、1台に1人、もう1台に2人という配置・・・曲(コットンテイル)を演奏中ピアニストは一人ずつ、横に移動し、3人がスイッチしながら演奏を続けるという、すばらしい演出があった。 こんなステージ見たことない!タイプの違う3人がお互いをぶつけ合い、時には相手に合わせたりして、自分達自信が一番楽しんでいるような、素晴らしいコンサートだった。こんな演奏はやはり、ここ、実際にこの地に来なければ見ることは出来ない。やっぱり来てよかった・・と素直に感動。

|

« 忙しいバカンス・ドイツの旅一日目 | Main | ドイツ3日目・雨降って・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100420/11592872

Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2日目・すばらしいコンサート:

« 忙しいバカンス・ドイツの旅一日目 | Main | ドイツ3日目・雨降って・・・ »