« 「幸せのポートレート」 を見た | Main | ドイツ2日目・すばらしいコンサート »

08/18/2006

忙しいバカンス・ドイツの旅一日目

今年の2月にベルリンに週末旅行で行って以来のドイツ。(前回の週末旅行は、ちょっとやりすぎ。反省・・)何度目かの旅なので、まあ慣れているから・・という妙なおごりが?あり、飛行機の予約は早かったが、それ以降何もしていなかった。まあ、飛行機さえ取っておけば後はなんとかなるから。しかし、今回もやはりハードな旅程(5泊だが、4箇所訪問!)なので、移動中気が抜けない。前日の夜中からパッキングを始め、結局1時間しか眠れずに出発。だってネットで見た天気予報では滞在中ほぼ曇りか雨。気温は16~22度。東京から真夏の装いだけで行って寒い思いをした以前の記憶が蘇る。だからと言って、移動が多いのに大きいカバンは持って行きたくない。だから服装を考えるのに、非常に時間がかかった。結局この夏、ドイツで着ようと楽しみにしていた新しい、白いワンピースは置いていくことに。とほほ~~。だって結局寒くて着込むことになったら意味ないし。

 出発は新オープンの成田第一南ウイング・・・これが、混んでいた。そうか、やっぱりまだバケーションシーズンなんだ。なんとチェックインカウンターで1時間も待った。これはシーズンの所為なのか、それとも他の問題?出国時も長蛇の列で15分程度並んだか。そのため出発前に売店で買おうと思っていたものを見る時間が殆どなく、汗をかきつつ飛行機に乗り込んだ。エアーは満員で、チェックイン時、座席番号を振り分けることができないため、ゲートにて再度チケットを交換。こんなの初めて。これがシーズン真っ只中の旅行というものなのかな・・。良く考えたらバケーションシーズンの海外旅行はこれが初めてだ。これがもし、以前と同じ第二ターミナルだったら、もっと混雑してたってこと?んーどうなのだろ。Photo_2

フランクフルト空港での入国も30分待ち。これは、大混乱のロンドンを使わず他のヨーロッパの国へ流れた人の影響もあるかも、と聞いた。確かに。そして、こういう時、日本人で良かったと思うのは、日本人は入国の時殆どノーチェック、10秒で終わる。だが他のアジアの国の人は根堀葉掘り聞かれる。私の前に居たラテン系で、中国の留学生という人は他の友人よりも多くの質問を受け、終いには所持金まで見せていた。お気の毒。その後電車で移動時も、なかなか空きが無く、列車を選ぶのに時間が掛かってしまった。しかし、その後またまた間抜けなことを!  SバーンでMaintzという駅へ移動。そこからICEに乗るつもりで待っていたホームに入って来た車両が、自分が乗るものかどうか一瞬迷ってしまった。自分の目的地は知っているのだが、何処行きの電車に乗るのか見ていなかったのだ。チケットをちゃんと見ると、電車番号が書いてあるのだが、前もって確認していなかったので、これでいいの?と見比べている内にドアが閉まった。ホームにいる人に尋ねたところ、その電車であっているという。あ・・と思ったけどもう動きだしてしまった。ということで、また汗をかきながら、予約の取り直し。40分後の特急を予約。とほほ~、今まで何度も電車でドイツ国内を移動しているが、その度に若干不安・・あはは。

無事、特急に乗り後は目的の駅で降りるだけだが、ボンに止まったとき、なにかアナウンスが。どうやら何かの理由で遅れるらしい。ざわつく人々。ドイツ語がわからない私はじっと待つしかない。30分後、再度アナウンス、さらにざわつき、降りる人も。向えに座っていた人がドイツ語で話しかけてきたが、「すみません、ドイツ語わからなくて・・」と言ったら英語で話してくれた。彼はカナダ人で、ドイツ語は話せるが、完璧ではないらしい。線路近くで爆弾がなんとか・・それで止まっているらしいのだが・・と教えてくれた。さらに隣に座っていたドイツ人ビジネスマンが、駅員に現状を聞きに行くが詳細は分からないという。爆弾!?それから10分ぐらいして、突然列車は動き始めた。お、良かった・・と思ったらまた何か放送が。次のローカルの駅でまた止まるという。「2個目の爆弾がみつかったそうだ」とドイツ人ビジネスマンが説明してくれた。私とカナダ人はそれは深刻なのではないか?と話していたら、後ろの方から別な男の人が、「戦時中の不発弾だよ。建設現場で見つかったやつの処理。爆弾はすべてがテロとはかぎらないよ」と笑いながら話してくれた。あ、そういうことかー。東京でもあるがやはりドイツにもあるのだなぁ、と理解。その後カナダ人と話が弾む。今年の冬香港へ行くが、来年は是非東京へ行きたいと思っているとか。彼は世界をまたに駆けてコンサルタントの仕事をしている人で、すごくパワフル。是非日本で仕事をしたくて、日本の文化を勉強しているとのこと。伊丹十三の「たんぽぽ」と「お葬式」がお気に入りで、日本のコメディセンスは、すごく面白くて優れていると大絶賛だった。ネットで友達から教えてもらった日本のテレビ番組映像で、サルがスーパーで買い物をするというやつが、ものすごく笑えて面白かったと言っていた。是非、彼が日本に来た時、沢山ある日本の笑いに触れて欲しいと思ったりして。817bech

その後列車はさらに3個目の爆弾を発見したらしく、結局2時間遅れで目的地に到着。クタクタでホテルについて、シャワーを浴びてすぐに寝てしまった。

Photo_3

|

« 「幸せのポートレート」 を見た | Main | ドイツ2日目・すばらしいコンサート »

Comments

JAZZミュージシャンの彼のところに行かれたのですね~。
恥ずかしながら私はなんちゃって英語しか・・・(汗
英語は世界共通のコミュニケーションツールなのに(涙。
Sis.Cさんの旅行記を読ませていただくと、いろんな出会いがあって、
今回も電車で乗り合わせたカナダ人の方と楽しいお話☆
私は自分からいくつもの機会をなくしてしまってるんだなぁと。。。
それにしても、ものすごいハードスケジュールですね。そして、ハプニングも!

ホテルの部屋、かわいいですね~^^

Posted by: happy-clover | 09/04/2006 at 12:45 AM

happy-cloverさん、ありがとうございます。
すみません、ダラダラと書いた日記を読んでいただけて光栄です。いやぁ~、私の英語は相当怪しいのですが、「だって日本人だもん!」という開き直りで話をしています。きれいで正しい英語は話せていないと思いますが、要はコミュニケーションをとろう!という気持ちが大切・・とこれまた開きなおりです・・でもやっぱりもっと勉強しないと^^;

Posted by: Sis.C | 09/04/2006 at 12:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100420/11498196

Listed below are links to weblogs that reference 忙しいバカンス・ドイツの旅一日目:

« 「幸せのポートレート」 を見た | Main | ドイツ2日目・すばらしいコンサート »