« 「マッチポイント」 を見た! | Main | 「イルマーレ」を見た! »

09/18/2006

「X-MEN ファイナル・ディジョン」を見た! 

コミックはまだ続いているらしいが、映画はこれが最後「X-MEN」。単なるヒーローものとはちょっと違うところが、私は好きだ。 一作目を見た時、そのオリジナリテイ溢れるキャラクター達に驚いた。映像も凝ってるし。サイエンティスティックな感じがして、いかにもハリウッドだなーなんて思ったものだが、その中、なぜかメインキャラのウォルヴェリンだけが狼男系で、一人だけ髪とひげが野生メイクしかも若干原始的、シーンによってImg05はちょっと浮いて見えるぐらい・・・それがまたおもしろかった。

 何がヒーローものと違うのか?というと、XーMENは彼らが彼ら自身の存在に悩み、苦しみ、全てはそこから起源しているということ。普通の人間とは違う、個々の能力によっては他人に危害を加えてしまう、社会のはみだし者、人と交われない。最初はその能力を利用して悪事を働こうとするミュータントと、正しく生きようとするミュータントが戦う・・って感じだった。今回は、ミュータントである個々の能力や特徴が無くなる薬「キュア」・・・(つまり、治療法)が開発されたことから、「人間に始末される!」と騒ぐミュータントと、普通になりたければなればいい・・個人の意思で決めればいい、でも自分達は病気ではない・・と、簡単に言ってしまえば、それぞれの思想の違いから生じた戦いだった。とは言え、一番のきっかけは死んだはずのジーンが生き返ったことなのだけど。これはこの映画ではちょっとわからない。なぜ、今ジーンが生き返ったのか? 正直、この部分、ちょっと乱暴なストーリー設定になっているような気がする。彼女がここまで凶暴で、自分の内部の二面性やその存在について死ぬほど悩んでいる・・という部分は前2作ではそんなに大きく描かれOnukxiirpc ていなかったように思うのだが。

SFXはこれまでの3作品で一番すごく、スケールも大きくてとても見ごたえがある。そして、やはりストーリーの中ではっきりと描かれているのが、他人と違う者だからと排除するべきでない、人はみな違うものであり、お互いを認め合って共存していこう・・・というメッセージだった。良い描かれ方をしているな、と思ったのは、そうは言っても人それぞれの意思は尊重されるべき・・・という設定になっていたこと。触れたミュータントの能力を吸収し、相手が気絶してしまうローグは、一生愛する人と触れ合うことは出来ないのか・・と閉じこもってしまっていた。しかし普通の人間になることで、その夢が叶うのならば・・というのが彼女の選択だった。切ない設定、しかし説得力があった。これまで、ネガティブでダークなイメージで描かれていたミュータント達だが、最後に現れた真っ白い羽を持つエンジェル、彼が羽ばたくシーンは本当に美しく、人と違う=悪いことではないよ!ということを象徴しているようなシーンだった。

冷静に考えれば本当、いかにもアメコミ的ストーリーだが、ただのアクションSFX映画ではなく、ストーリーが持つメッセージ性が、上質のエンターティメントと感じさせてくれるように思う。加えて出演しているキャストも今では大スターばかりですしね!

|

« 「マッチポイント」 を見た! | Main | 「イルマーレ」を見た! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100420/11951410

Listed below are links to weblogs that reference 「X-MEN ファイナル・ディジョン」を見た! :

» X-MEN ファイナル ディシジョン [映画通の部屋]
「X-MEN ファイナル ディシジョン」X-MEN THE LAST STAND [Read More]

Tracked on 10/08/2006 at 10:46 AM

« 「マッチポイント」 を見た! | Main | 「イルマーレ」を見た! »