« 「パイレーツ・オブ・カリビアン・ワールド・エンド」を見た! | Main | 「レボルーショナリーロード」を見た! »

07/11/2007

「傷だらけの男たち」を見た!

 時間が合ったから、たまたま、封切りされたてのこの作品を見てしまった、というのが正直なところ。「インファナル・アフェア」もなんとなく見たのだけど、ものすごく期待してたわけではないので、儲けもの的におもしろかった。なかなかやるじゃん!という印象だった。それでも、私にとって香港映画はやっぱり香港映画。正直言って、特B級エンターテイメントの粋を脱しないのだが、この作品は"特"はつかない、質の良いB級エンターティメントという感じだった。

センスを感じる映像

 001 とは言うものの、『質の良い』と言えるのは映像にセンスを感じるからだ。香港の夜景、裏通り、捜査員たちの動きや目線、オープニングの映像はその後の展開を期待させるカットで、なかなかカッコよい。ハリウッド映画などとは違う、アジアっぽいカッコよさ、とでも表現するべきか。いかにも香港映画という感じがするところが良い。アンドリュー・ラウの映像は、いつも独自のスタイリッシュが表現されている。部屋のインテリア、ライティングの色、空間の使い方など、おもしろい雰囲気が演出されている。

 しかし、映像はスタイリッシュでも、ストーリー的にはどうか?ものものしい、尾行と派手な逮捕劇のあげく犯人の容疑が婦女暴行ってとこが??しかも逮捕後に犯人の顔を殴りつけることが許されてしまうなんて、トニー・レオン演じるヘイを正義感に熱い男としてみせようとしたのか、若干不思議な演出だけど、それが香港映画だっ!という感じ。そういう意味じゃあ香港映画の王道を行く映画と言える。

役者として成長していた金城武

 個人的には久しぶりにスクリーンで見る金城武も楽しみだった。アル中の役なので、撮003_1 影中も本物のウィスキーを飲んでいたそうだが、確かに本物を飲んでいる感じがする。ただ良いか悪いかわからないが、ウィスキーの飲み方がアル中っぽくない。アル中なのに上品に飲んでいる感じがしたのは私だけか。顔は本当に酔っているみたいに少しむくみ気味に見えるので、本物を飲んでいる効果は出ていたと思う。金城武が役者として成長してると思ったのは、この人の佇まいのせいだ。これまでも表情はそこそこ良かったけれど、セリフまわしを含めて全体的に素人くささが抜けていなくて、正直私は、役者としてこの人は人気と実力が伴ってないとずっと思っていた。カッコいいかもしれないけど、全然いい役者だと思えなかったのだ。しかし、この作品では演技がとても自然で、自分らしい空気みたいなものを表現できていたように思う。大人になったということなのかもしれない。今後が楽しみだ。

後半の詰めがちょっと雑

002_1 この作品が、香港映画だという点を差し引いても、ちょっと後半は詰めが甘いというか、やっつけた感がある。香港や中国の人には簡単なのだろうか?後半は容疑者も含め、数人の名前が出てきて、口頭で説明されるシーンが多いのだが、あちらの名前に馴染みがない私には、それが誰のことを話しているのか、頭をひねる必要があった。重要な名前がスクリーンに映っているはずなのだが、それがどういう意味を持つのか、理解するまで時間がかかるのだ。結局意味がわからなかった人もいるのではないだろうか。この辺りの説明の仕方が少し強引で、残念だった。

現実的に考えると・・・

現実がわからないのでなんともいえないが、香港では警察官は高給なのか? 愛人がいて本妻はオーストラリア、なんて警官もいたし、もと刑事で今アル中の探偵・・・まともな仕事はあまりしていない風の探偵なのに、警官時代からの眺めのよいきれいなマンションに引き続き住んでいる、という設定はあまり現実的ではない気がする。

 設定として善人のイメージの強いトニー・レオンが復讐に燃える役であるのは効果的ではあったが、最後にどうして妻まで殺そうとする必要があったのかがわからなかった。ま、いいか。やっぱり香港映画だし。細かいことは気にせずに雰囲気を楽しむのが香港映画の見方だと私は思っている。

浜崎あゆみ・・・ちょっと興醒め。なんで?とまで思ってしまう。はっきり言って変。おそろしいエイベックス。

スー・チーのきれいで長い足に同性ながらうっとり。トランスポーターの彼女はとっても良かったのに・・・もうちょっと良い使われ方をしてもいいのに。もう少し、彼女の役に意味をもたせてあげてほしかった。もったいない。

ハリウッドがまたもリメイクするらしいが、これまで目を向けていなかった香港映画ストーリー性が斬新に映るのだろう。ハリウッドらしい、上手いリメイクを期待したい。

|

« 「パイレーツ・オブ・カリビアン・ワールド・エンド」を見た! | Main | 「レボルーショナリーロード」を見た! »

Comments

トラバ・コメントありがとうございます。
ひらりんも「トランスポーター」出演のスー・チーちゃんが気になってみてましたが、
あまり、ストーリーに食い込まない役で、ちょっともったいない気がしましたね。
やっぱり、傷だらけの男たちが、あくまで主役だったんでしょうねっ。

Posted by: ひらりん | 07/12/2007 at 02:05 AM

こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
ヘイの奥さんは可哀想でしたね。
彼女も標的にされたのは、家族を奪われた復讐心からだったと思いますが、私は『実子じゃない』って所が気になりました。『じゃー誰の子なの?』って(笑)
レオがリメイクするらしいですね。私はレオのファンなので楽しみで~す♪

Posted by: 由香 | 07/12/2007 at 10:40 AM

こんばんは♪
TB送れてるかな、、、送れてなかったらゴメンナサイ。
いろいろツッコミどころもありましたが
1度目は金城くんに目を奪われちゃったのでそれだけでオッケーなのでした☆

名前覚えられなかったですねー。
あとあゆの歌、どーにかしてもらいたい!香港ヴァージョンでいいのにぃ~、でしたね。。

Posted by: きらら | 07/12/2007 at 08:18 PM

> ひらりん様
ありがとうございます。そうですねー、今回はなごみ系、脇役に徹したスー・チーでしたね。さらなる活躍を期待したいです。

>由佳 様
ありがとうございます。そうですね・・私もその辺り、えっ、それって何の意味が??と思ってしまいました。爆死させようとした直後に、病室で急に態度が変わるのは、やっぱりちょっと変・・と思いましたし。ま、不思議が普通な香港映画ですね。

>きらら様
ありがとうございます。ふふ、わかります、金城武良かったですもんね。正直私もグラッ~としました。 エンドクレジットは、是非広東語の歌で締めて欲しかったです。オープニングが妙にスタイリシュに、英語のクリスマスソングだったので。


Posted by: Sis.C | 07/13/2007 at 01:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100420/15710424

Listed below are links to weblogs that reference 「傷だらけの男たち」を見た!:

» 傷だらけの男たち /傷城 /Confession of Pain [我想一個人映画美的女人blog]
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} 『インファナル・アフェア』三部作のスタッフによる話題作。 今年アカデミー賞作品賞を受賞した『ディパーテッド』に続き これまたハリウッドリメイクが既に決まってて、ディカプリオが主演するとか、、、、。(←それってどうなの?) 評判もいいみた... [Read More]

Tracked on 07/11/2007 at 09:33 PM

» 「 傷だらけの男たち/傷城 CONFESSION OF PAIN (2007) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督 : アンドリュー・ラウ、アラン・マック 出演 : トニーレオン / [Read More]

Tracked on 07/11/2007 at 11:42 PM

» ★「傷だらけの男たち」 [ひらりん的映画ブログ]
何十年ぶり???の試写会に行ってきました。 場所は中野サンプラザ。 懐かしいぃぃぃ・・・学生時代はよく中野に行っていたからね。 [Read More]

Tracked on 07/12/2007 at 02:00 AM

» 傷だらけの男たち [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レオナルド・ディカプリオ主演でリメイクが決定しているこの作品。それなら多分悲しい結末だな・・・ (レオ君は悲劇がお好き)【story】かつては上司と部下の関係だったベテラン刑事のヘイ(トニー・レオン)とポン(金城武)。しかしポンは、恋人が自ら命を絶った事で生活が一転し、刑事を辞職し酒に溺れて私立探偵に成り下がっていた。一方ヘイは、億万長者のチャウの娘スーザン(シュー・ジンレイ)と結婚して幸せの絶頂だった。だがある日、チャウが何者かに惨殺される。一見金品目当ての強盗殺人事件として解決するように見えたが... [Read More]

Tracked on 07/12/2007 at 10:41 AM

» 映画〜傷だらけの男たち [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆「インファナル・アフェア」のスタッフにこのキャスト!チラシみただけでドキドキしちゃうのだ☆大ヒット作『インファナル・アフェア』シリーズを手がけたチームによる、心に深い闇を抱えた男たちの人生を描いたヒューマンドラマ。2003年のクリスマス、ポン(金城武)が凶悪犯を逮捕した晩に、彼の恋人は自ら命を絶ち還らぬ人となる。3年後、酒浸りの日々を送っていたポンは、刑事を辞めて私立探偵になっていた。彼の元上司のヘイ(トニー・レオン)は富豪の一人娘スクツァン(シュー・ジンレイ)と結婚し、幸福な生活... [Read More]

Tracked on 07/12/2007 at 08:14 PM

» 悪役初挑戦 【傷だらけの男たち】 [犬も歩けばBohにあたる!]
この映画の日本公開を、どれだけ待ち望んだことか…。 すでに、このブログでも2回、 [Read More]

Tracked on 07/13/2007 at 12:25 AM

» 【劇場映画】 傷だらけの男たち [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ かつては上司と部下の関係だったベテラン刑事のヘイとポン。だが、ある事件をきっかけにポンの恋人が自殺、その時からポンの生活は一変、警察を辞職し私立探偵になり、酒びたりで自堕落な日々を送っていた。一方のヘイは億万長者チャウの娘スクツァンと結婚し、キャリアもプライベートも順風満帆だった。そんなある日、チャウが自宅で惨殺される事件が起きる。父の死に不審を抱いたスクツァンは、ポンに捜査を依頼するのだが…。(goo映画より) 心の機微というか、陰影を描くのはやはりアジア映画のほうがいいで... [Read More]

Tracked on 07/29/2007 at 07:44 PM

» 傷だらけの男たち <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
傷ついた二人の男の物語。久々の武ちゃんとの再会で 頭がかなり だったワタクシ(笑)哀しい役をやらせたら 武ちゃんたら もう最高っっ はまりすぎだぁぁ 美しすぎるぅぅぅ彼女をお姫様だっこして病院を走る姿が 神すこの深キョンを思い出しましたが。。。それはさ...... [Read More]

Tracked on 08/01/2007 at 03:58 AM

« 「パイレーツ・オブ・カリビアン・ワールド・エンド」を見た! | Main | 「レボルーショナリーロード」を見た! »