06/14/2005

第一回小江戸川越の旅

DVC10046  新婚の友人宅訪問ということで、土曜日、川越を初訪問。小江戸川越はとても魅力あふれた町でした。もちろん、そんなに大きくはないけれど、小じんまりしていて、古くからのお店も多く、でも完全に観光地ではなくてちゃんと日常の生活感を感じることが出来る、素敵な街でした。

 京都ともちょっと違うし、やっぱり小江戸なんだろうな〜DVC10049 。左は蔵の町並みとお茶屋さんの入り口。お抹茶とお菓子で休憩しました。古い日本家屋で匂いも懐かしく、トイレが一番懐かしかったかなぁ。 その後駄菓子屋さんが沢山ある通りを散策。友人達もついつい懐かしいお菓子を買い込んでいました。DVC10050  私はお漬物屋さんで試食をしまくり、大好きな昆布の漬物を購入。 左は駄菓子どおりに行く途中の浜ちゃんで、2階から挨拶してくれたミケ猫の浜ちゃん。 ちなみに川越といえば、さつまいも菓子。今回の訪問でとってもおいしかったのが、いもシュー。シューの形もいもっぽくて、なかのクリームはいもあんとクリームの中間って感じだった。1mもある大黒柱という名の大きな麩菓子、発狂くんという唐辛子まみれのおせんべい、韓国からみそを使って焼いてる焼き鳥屋さん、気になるお店目白押しで、すっかり川越ファンになってしまった〜〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)