02/06/2007

JAZZ 6 PIANOS~Jazz 6連弾~ を体感♪

2007年2月3日(土)18:00開演 @よこすか芸術劇場

6人の日本人ピアニストによる競演!さぞ華やかなステージになるのだろうなあと、とても楽しみだった。『オルケスタ・デ・ラルス』の頃からずっとファンである、私が大好きなミュージシャンの1人、塩谷哲が6人のうちの1人に入っている。行かないわけにはいかない~~、実はこのあとサントリーホールでもあるのだが、そちらはチケットが取れなかったのでして、あきらめ切れず、「土曜日だし、行ける距離だよね・・」と横須賀のチケットを取ったのでした。実際は2時間弱かかったのだけど、それでも行ってよかったと思えるコンサートでした。

美しい劇場・ピアノ六台の美しさ

Jazz6 最近連弾とか、数人のピアニストが競演するって流行っているのだろうか?偶然私が目にする機会が増えているだけなのか。なんとなく、見る機会が増えている気がする。確か今年はNYから10人のピアニストのコンサート「100ゴールド・フィンガーズ」というイベントもあるらしい。http://www.musashino-culture.or.jp/event/bunka/H1906031.html

佐山雅弘、小原孝、国府弘子、塩谷哲、島健、山下洋輔、日本にも、こんなに個性が違うすばらしいピアニストがいるんじゃないですか~~と、実感したステージになりました。それにしても、6台のグランドピアノが並んだステージは美しく、ピアノという複雑な装置である楽器はそれそのものが芸術なんだなぁ、と思った。だいたい、6台のピアノが一斉に鳴るのを私は聞いたことがない。一体どうなるのだろうと、とても楽しみだった。

そしてさらに、「よこすか芸術劇場」がこんなに美しい劇場だとは知らなかった。是非、オペラを拝見したいと思う劇場。ここに足を踏み入れられたことがとても有難く思えたのでした。

~自分の耳と感性を再確認の瞬間~

音楽が空気のように好きで、私は特にJazzと、ブラックコンテンポラリーをよく聞くが知識はあまりない。自分の耳と心に心地よい音楽、を聞くことが多い。塩谷哲(SALT)のピアノは『オルケスタ・デ・ラルス』の頃からひきつけられ、ソロ活動を始めてから通いまくったLIVEで、彼の音の世界に完全にハマってしまった。まるで私の心のリフレクソロジーのようなもの・・・とでも言いましょうか。SALTのお話を聞きに行くような気持ちで彼のピアノを聴いている。(実際のMCとは別ですよ・・)実は今回、1人お腹の中で大笑い、という経験をした。

 実は仕事の都合で、開演時間に間に合わず、10分ほど遅刻して会場に到着。私の席は2階の下手寄り深い場所、見やすくてとても良い席でしたが、場内は当然薄暗く、ステージ上では順番にソロ、島健さんにスポットが当たっていた。6台のピアノの配置をチェックしたとき、真ん中に2台向かい合わせにおいてあり、4台が囲んでいる配置。真ん中の1台に山下洋輔さんが座っているのがわかり、向かい合わせのもう一台にどうやら塩谷さんが座っている様子。黒のスーツを着ているのかな?という感じだった。順番にソロが回り、小原さんの百恵ちゃん横須賀メドレーで楽しんだ後、こちらに背中を向けている人が弾き始める。「あれ、だれだろう??なんだか後ろ姿は若そうだが、確かSALTが一番若かったはずなんだけどな・・」その音は、静かにやわらかく始まり、まるでベルベットが広がっていくようなイメージ。まるで塩谷哲のようなピアノ。「誰?このSALT以上にSALTのような音。」私はこの人の音に完全にグラッときてしまった。恥ずかしい・・・この人に惚れてしまいそうだ!ロビーでCDを見てみよう・・誰なんだろう・・なんてことだ~、などと思っていた時、ソロが終わり、その人が振り向いた・・・それはなんと塩谷哲だった!! 「へっっ!?」驚きと共に笑いがこみ上げてきて、抑えるのに苦労した。SALTだと思っていた人は、よく見たら佐山さん。全然違うよ~~、でも暗かったし、急いで来たからあせって見当ちがいをしてしまったらしい、苦笑。ばかだ~私。 それにしても、自分がいかにSALTのピアノに惚れているのかを再認識した瞬間だった。しかし、私のコンタクトレンズの度は大丈夫なのだろうか??

6台のピアノが鳴ったとき

最初の自己紹介的、それぞれのソロ演奏の時、ピアノの配置が手前と奥という風になっているから仕方ないのかもしれないが、若干、ピアノの音が前に出てこないな・・という印象を受けた。蓋を取っ払って全てオープンにしてあるのだが、その分、真上に散ってしまうのか、会場の深い部分に座っていた私のところまで、「ええ、音は聞こえてますけど・・・」という感じ。少し寂しい響きのような気がして。贅沢な望みなのだろうか?この辺の調整はやはり難しいのかもしれない。

 その後二人ずつ、3組の演奏、小原・塩谷のスカラムーシュはまさに華麗、佐山・島のスペインはスペインの酒場で盛り上がる、という感じか。山下・国分の寿限無対決は素晴らしかった。山下洋輔に国府さんがついて行く感じかな~と想像したが、何のなんの、互角に堂々と渡りあっていて、とても楽しい演奏だった。

後半は、3人ずつ二組の演奏、前半より音の厚みが増して行く。不思議なもので、ピアノはやはり複雑な楽器で、弦楽器の三重奏などとはわけが違う。それぞれがおそらくパートごと、または様子を見ながら演奏されているのだと思うが、やはり火花が散るような瞬間がある。

6 そしてクライマックス、最年少の塩谷哲アレンジによる、ラベルのボレロを6人で演奏。これを、聴きにきたんですよーと、腕組み。んんー聞いているこちらも力が入る。それぞれが各パート?を受け持って、静かに静かに盛り上がっていく雰囲気を観客は息をつめて見ている。山下洋輔さんもこんな演奏をされるんですね・・・(すみません!)。ゆっくりゆっくりと盛り上がって行き、最後全員がフォルテシモになると、むむ、一瞬微妙な空気を感じたのは私だけか。やはり最初に感じた、音が前に出てきてないような気がする・・という部分で、混じる音とぶつかる音と、響きがちょっと微妙な雰囲気になってしまった時があったように思う。会場の作りと、ピアノの置き場所と、ピアノ自体の響き方と・・いろいろ条件によって当然難しいのかもしれない。だけど、とてもよい試みだったと思う。弾ききった皆さんの気迫は感じたし、なにより演奏者たちがとても楽しそうだった。 個人的には、アンコールのTake5 が一番楽しめたかもしれない。皆さん少しだけ力が抜けていて、アレンジもとてもよくて、ノリノリ。国府さんのヤマハの先生のような指揮も可愛らしかった。

結構、あっという間に終わってしまった感じがするコンサート。もっと見たかった!サントリーホールではどんな音がするのだろう。是非是非、恒例行事にしてほしい、と思うのですが、ご活躍の皆さんのスケジュールを合わせるだけでも大変なんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/01/2006

最高の大晦日・佐藤竹善LIVEに乱入!

以前にもちょっと書いた、友人達のGospel band「アフロ橘」が雑誌ぴあの「おいしい企画」というもので、bspass12月31日の中野サンプラザでの佐藤竹善コンサートに参加させていただくことになったとのこと、是非一緒に参加して!という有難いお誘いをいただいた。そりゃあ〜〜もお〜〜!30日に急遽参加メンバー23名でリハを行い、リーダーDAIちゃんのアレンジにより、Sing Like Talking の「Spirit of Love」を練習。今回このGospelバージョンのコーラスを竹善さんと歌うことになりました。当日2時半に中野サンプラザ入り、15:00から早速リハ。何しろ、私は緊張〜。だって今回大ファンのSalt大儀見元さんもバンドメンバーだし、同じステージに立つだけでもお、大感動です。それにしても驚いたのは、1時から竹善さんとバンドはみっちりと通しリハを行っていた。流したり、部分的チェックではなく、全部しっかり演奏している。バンドの体力と竹善さんのノドの強さに感心。リハで、初めてサンプラザのステージに立って、本当にステージが大きいことを実感。会場は思いのほか観客席との距離が近い。その分奥行きも広い。ソプラノの私のすぐ横で竹善さんが歌い、もろこしマラカスを鳴らしながらSALTが近づいて来た・・・ひゃぁ〜、汗が!竹善さんの生声が聞こえる・・やっぱり綺麗だ。横で時々盗み見をして気づいたのはやはり歌っている時の姿勢が良い。上半身は殆ど動かない。本当に腹から声を出しているのだと思う。ピッチが本当にずれない。歌が上手い人は本当に音がぶれない。私もこんな風に歌えるようになりたい。私達の出番はアンコール一発目となった。主催者側のご厚意により、それまで会場の2階席一番後ろで、拝見出来ることになった。今回参加させてもらったアフロメンバーの中には、竹善を聞いたことがなかった人が多く、皆も興味深深。アットホームで、そして何と言っても竹善の歌の上手さに皆感動していた。本番、あっという間。アンコールということもあり、ステージに上がると観客の顔もみな笑顔で温かく見守ってくれていて、その表情を見ただけでもこちらも感極まってしまいそうになる。もう一組の選ばれたご夫婦がピアノとジャンベで伴奏をしてくださり、竹善が歌う、私達がコーラスに加わる。本当に光と笑顔に包まれて最高の時間を過ごすことが出来た。コンサート終了後、控え室に竹善さんが来てくださり、一人ひとりと握手、全員で集合写真を撮っていただいた。この一年も多くのコンサートの機会をいただいたが、最後の締めにこんな喜びに満ちた経験をさせていただいて、素晴らしい一年になりました。感謝〜〜Hallelujah!

| | Comments (3) | TrackBack (1)

11/23/2005

ジョー・サンプル&ジョージ・デュークのピアノデュオ/Joe Sample and George Duke ‘Piano Duo’

毎年BLUE NOTE 東京に来てくれるジョー・サンプル。今回はなんとピアノデュオ。

実は先週小曽根真と塩谷哲の珠玉のデュオを見たばかり。あの二人のピアノはとってもエキサイティングで、オーチャードホールの2階一番後ろでも興奮してしまった。

ジョー・サンプルはとても気さくな人。実は私恐れ多くも面識がある。joephoto 去年ドイツでお会いしていて、今年2月にBLUE NOTE でやはりお会いしている。彼のピアノはとっても繊細で、1音1音確認するようにplayする・・そんな印象がある。今回のliveもやはりそんな感じ。ジョージ・デュークはクラッシックの基礎のある方らしく、ジョーの繊細なピアノとは対照的でエンターテイメント、とても幅の広い音が出てくる感じ。だから二人の演奏はおのずと、ジョーの音を受けてジョージが広げていく雰囲気。とてもリラックスした演奏で、特にジョージは遊びに来ているかのような楽しげな演奏だった。ちょっと楽屋にお邪魔してご挨拶したが、1st setはどうも感覚が鈍くてタッチしているのに音が出なくて、なんどかコケタよ、との事。どうも1stはやはり上手く行かない・・とつぶやいていた。来てくれるお客様は皆違うからいつも新鮮な感じでプレイしなくてはならないと話していて、こんなに大物、本物の大スターなのに本当に真摯な人です。こんなにすごい演奏がしかもジョーとジョージという二人の大スターが一週間演奏するなんて、本当東京暮らしはやめられない!

Joe Sample has been coming to Japan every year. This time, he plays with George Duke as piano duo. Cool! Joe Sample is very open-hearted person. Actually, I feel deeply awed, I know him. We have met in Germany last year. His play is very sensitive as check each sound one by one. In contrast, George Duke is really entertainer; his sound is very gorgeous. The Duo sounds like being led by Joe and Gorge extends their music. They really enjoyed it. Joe said at 1st set, he has touched key but hadn’t made sound. He had felt like he had been trembling; but 2nd set has got better. He wants to do the best every time. Although he is a real great star but really humble person. We are so lucky because we can watch such a great stage. That’s why, I can’t leave from Tokyo !

http://www.bluenote.co.jp/art/20051120.html   ←visit BLUE NOTE TOKYO!

| | Comments (0) | TrackBack (1)